入籍後の名義変更の手続き

Trend

婿入り、嫁入りで姓名が変わるケース
また、住む場所も変わるケース

目指すは、

『新旧住所と新旧姓名が書かれた最強の免許証』

つくるところ
です。

これを作ってしまうところまでいけば、後はすんなりいきます。

事前に用意しておくと良いもの

  • 戸籍謄本 — 市外に住むなら、住んでいる市役所で取得
  • 現在と変更後の姓の印鑑 — メルカリでGET
  • 転出届 — 住んでいる市役所でGET
  • 記入済みの婚姻届け — 市役所でGETし、二人と保証人で書きましょう
  • マイナンバーカード

数を把握しておくべきもの(人によっては住民票の発行枚数と関係あるかも)

  • 銀協の通帳
  • クレジットカード

とりあえずよく分からなくてもこいつらを用意しておけば何とかなります。

あとは、

  1. 市役所に行って婚姻届けを提出し、
    『姓名、住所変わります』と言えば事が進みます。
    そのときに前の戸籍謄本や転出届を提出しましょう。
    また、マイナンバーカードも一緒に出してしまいましょう。
  2. 市役所で住民票を1枚もらう(戸籍は時間がかかるため、すぐには出せない)。
    なお、住民票に何を記載するか聞かれるので、
    『変更後の住所と新しい姓名』を入れてもらうと良い。
    ※免許証が無い方は、銀行口座分多めにもらってもいいかも
  3. 最寄りの警察署の交通課に行き、『免許証の名義が変わりました』と伝える。
    そのときに、『住民票』の提出が必要になる。
    すると、免許証の裏に新しい住所と新しい氏名を書いてくれるので、
    それで最強の身分証明書が出来上がります。
    また、次回の免許証更新時にきちんとした住所と名前に変更される。
  4. 後は、銀行の通帳の名義を変更するために、ひたすら銀行を回ります。
    この際に、許証の裏に書かれた新しい住所と名前が効いてきます。
    免許証が無い場合は、住民票とかになるのかもしれません。
    また、新旧の姓名の印鑑両方が必要になるので、用意しておきましょう。
    登録した印鑑以外でも可能ですが、
    そのときは、銀行によって記入する書類が増えるかもです。

という感じでした。

あとはクレジットカードの名義変更ですが、これはネットから行けます。
ひたすら鬼の更新をしましょう。

ちなみに自分はゆうちょ、福邦、北國の3つがあったので、役所に提出から銀行の名義変更まで2日かけて回りました。
また、銀行は15:00で閉まってしまいますので、数が多い方は注意しましょう。

残りは車の保険とかなんやらですが、特に急ぎませんので行きつけの車屋さんに聞いてみましょう。
最強の免許証を作るところまでいけば後はイージーです。

戸籍謄本と住民票

また、戸籍謄本やら住民票やらひとつで何とかやってくれって感じですが、なぜこんなに更新が必要なのか自分なりにまとめてみました。

戸籍謄本はあくまでも何処の家のものか、どこの家計から生まれたものか、を表す感じです。

住民票は、どこに住んでいるのかを表しています。

どこの家計であろうが、別に住所は関係ないわけです。
父と母と子の家計だったとしても、子は別のところに住んでいても何ら問題ないわけですね。

このように、よくよく考えてみると全然違う情報ですので、
それぞれ変更手続きが必要になってくるのですね。