【長年のアトピー治った】スキンケアのお話

Trend

今回はスキンケアのお話です。

スキンケア(ダブル洗顔と化粧水・乳液によるスキンケア)によって、長年の悩みだったアトピーが改善されました。また、以下の解説では、ダブル洗顔とスキンケア(化粧水と乳液)を分けて説明しています。

スポンサードサーチ

ダブル洗顔とスキンケア

このブログを書いているやぎログの中の人は、もうすぐ30になる男ですが、昔からアトピーが悩みでした。

顔のほっぺやおでこはガサガサになって、頭はかゆくてずっと炎症ができていました。
もちろん、薬を処方すれば治まるのですが、ずっとこのまま薬を塗らなければいけないのは嫌なので、何とかしたいなと思っていました。

そこで始めたのがダブル洗顔とスキンケアです。

ダブル洗顔

ダブル洗顔とは、クレンジングをした後に洗顔をするということです。
僕の場合は面倒なので、お風呂場で済ませてしまいます。クレンジングは、化粧をしている女性の方しかしないイメージがあります。しかし、肌から日々分泌されている油系の成分は、クレンジングの方が良く落とせます。反対に、洗顔は埃や水溶性の成分を落とすことができます。

なぜ治った?

僕の場合、アトピー肌なので、顔から何か油系の成分が出ていて、それが悪さをして痒くなっていたのだと思われます。
また、髭剃りや入浴後は、肌が乾燥して痒くなっていたのかもしれません。ダブル洗顔を一時期やめましたが、しばらくしたらまた痒くなってきたので、自分にとってはダブル洗顔が必要なのだろうと思いますね。

使用しているスキンケアアイテム

というわけで、僕が使っているスキンケアアイテムについて紹介します。

使っているクレンジング:
ORBIS(オルビス) ORBIS OFF CREAM(オルビス オフクリーム) クレンジング

オルビスのクレンジングはもっちりしていて肌に優しい感じがします。大容量なので、実質無料です。
無印良品も良いと聞きますが、僕にはチクチクしてて合いませんでした。

オススメの洗顔:ORBIS Mr.フェイシャルクレンザー メンズ用
オススメの泡立てネットBULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット
洗顔と泡立てネットを使ってフワッフワの泡を作ってから、洗顔しましょう。オルビスのフェイシャルクレンザーとバルクオームのネットで最強の泡が作れます。

スキンケア

以上はダブル洗顔に関することでしたが、スキンケアに関しては、髭剃りと風呂上りに行います。
スキンケアでやることは、化粧水を顔につけ、肌になじませたら、乳液でフタをするよう肌につけていきます。

髭剃り後は肌のダメージを与えた状態になってしまうので、ダメージ回復をするために化粧水と乳液をつけます。入浴後は肌の水分が飛んでいき、カッサカサになってしまうため化粧水・乳液で肌の回復をします。

ダブル洗顔・スキンケアによって、医者からもらっていた薬代が、市販の化粧水や乳液に代わりました。
今では処方された薬を使わなくても済んでいる状態になっています。アトピーがほぼ克服されたといってもいいでしょう。肌で悩んでいる方はオススメします。

頭のケア

また、ついでに話しておくと、ダブル洗顔とスキンケアで顔回りはカバーできたのですが、頭がかゆいという問題は残っています。

この、頭がかゆい問題は、お風呂上りにタオルドライをし、デンサーヘアを頭皮につけ、マッサージさせるようになじませ、その後はドライヤーでしっかり乾かすようにしました。
このデンサーヘアで、痒みや・フケが抑えられ、これまたストレスから解放されました。

おすすめのデンサーヘア:
ロレアル セリオキシル デンサーヘア N 90mL

これを付けると、頭皮の痒身が無くなることにまず驚きます。あの痒みはどこに行ったのか…と思います。ぜひ体感してみてください。

また、ついでなので、おすすめのドライヤーも紹介します。

やたら高いドライヤーですが、レプロナイザーはバイオプログラミングという独自技術を搭載しており、髪のパサつきが無くなり、ハリ・コシが蘇るというもの。
少々怪しいですが、やぎをさんはお手軽な2Dを購入しました。

ハリ・コシが蘇るという意味は分かりませんでしたが、確かにパサつきは無くなり、サラサラとした髪の毛になりました。
美容室に行った時も、『あれ?髪質なんか変わったね』と言われたほどです。
ドライヤーは一度買ったら買い替えないモノで、毎日使うので、実質無料です。おすすめです。

まとめ

というわけで、今回はやぎをさんのスキンケアについてお話ししました。
そして、スキンケアを続けることで、アトピーや肌荒れが改善しましたというお話でした。

ただ、肌荒れがひどい場合は、いきなりスキンケアする前に、まずは病院で治療してもらってください。
ひどい段階が落ち着き、『薬を使うことで、症状が治まっている』という段階になってきたら、ダブル洗顔やスキンケアを試してみるのもありかもしれません。