イギリスをアメリカ流に【ラルフローレン】

Trend


アメリカ合衆国ニューヨーク出身のファッションデザイナー、また彼が設立したファッションブランド
1967年にPolo(ポロ)というブランドを立ち上げ、翌年、ポロ・ラルフローレンとして独立。

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren, KBE、1939年10月14日 – )、本名:ラルフ・ルーベン・リフシッツ(Ralph Rueben Lifshitz)

特徴1

ギリスの伝統的なスタイルをアメリカ流にアレンジし、機能性とカジュアル感を出した新しいファッションスタイル。アメリカントラディショナル、アメリカントラッド、アメトラ系とも呼ばれる。

イギリスのカッチリしたドレス感を、ほどよくカジュアルにしたものが多い。

いくつか種類がある

  • OLO RALPH LAUREN
  • RRL
  • Ralph Lauren Purple Label
  • DENIM & SUPPLY RALPH LAUREN
  • RLX

特徴2

企業としてのラルフ・ローレンは、特に高級スーツやポロシャツなどのメンズウェアでその名を知られ、ブルックス・ブラザーズと並ぶアメリカン・トラディショナル(アメトラ)の代表的存在とされている。通称「ラルフ」、「ポロ」。

ラルフローレンはデザイナーではない

ラルフ・ローレンは通常のデザイナーとは異なり、デザイン、広告、販売店舗のイメージなど、ブランドを管理するプロデューサー的な役割を担っていたことです。

彼は学校でデザインの勉強をしたこともなく、ネクタイ屋からブランドを立ち上げて世界に広げました。これは当時としてはかなり珍しいスタイルでブランドを運営してたとも言えます。

そういった背景もあり、ラルフローレンはブランド誕生から50年以上たった今でも全世界、世代を問わずに愛され続け、影響力を持ち続けています。

現在

オリンピックアメリカ合衆国代表のユニフォームも複数の大会で手掛けている。
ジュエリー、時計部門は、リシュモングループの傘下にある。

参考

アメリカ古着の大定番ラルフローレンとは?その魅力とおすすめ商品