寝ることで【免疫】を高めるしかない②

Trend

①を読んでいない方はこちらから

<< 寝ることで【免疫】を高めるしかない①

スポンサードサーチ

では、実際にどうやって免疫を高めるか

では、本題に入りましょう。
免疫を高めるには色々な方法がありますが、ここで紹介することはズバリ
『質の高い睡眠』です。

この記事の詳細は、詳しくはこちらに載っております。
参考書籍:スタンフォード式 最高の睡眠

この本で教えてくれる事は、

『最高の睡眠 ≒ 免疫と最高のパフォーマンス』

ということです。

家で自宅待機している方はもちろん、
『最高のパフォーマンス』ですから仕事でも役立つ方法になります。

最高の睡眠のために行う事

  1. 寝る90分前までにお風呂をすませること
  2. 風呂には最低15分はつかること
  3. 最低7時間の睡眠をとること

になります。

時系列で言えば、
風呂に入る → 湯船に15分つかる → 風呂から上がる →
90分後に布団に入る → 7時間は寝る

という流れです。
もっといろいろな注意点はあるのですが、とりあえずエッセンスのみ書き出しました。
では、次にそれぞれの時間の根拠について触れたいと思います。

体の内部温度と外部温度の差を縮める

私も実践しているのですが、これが一番大事なポイントです。

外部温度というのは、皮膚の表面の温度の事
内部温度というのは、体の芯の温度という事です。

たとえば、シャワーを浴びたとき、体の表面はあったまっていますが、
体の芯の温度はあまり変わっていません。

また、雪がちらついている中で露天風呂に入ったとしましょう。
浸かって温まった後は、裸で仁王立ちしても平気ですよね。
このような状態を体の芯が温まったといいます。

実はこのように体の芯が温まった後、
90分かけて体の皮膚から熱を放出するようになります。
お風呂上がりの後、足や手が異常に温かい時ありますよね?

実はそのように熱を出し切ったぐらい
(つまりは芯の温度と表面の温度が近くなるとき)に
『眠気』がやってきます。

そして体の眠気の波に乗るためには、

  • 頭を使う事をしない
  • スマホなどの光を避ける
  • 体を動かすことをしない

という注意が必要です。
つまり風呂上りは頭をぼーっとしながら、90分過ごすという事です。

また、しっかり湯船に浸かる理由は、シャワーだと体の芯まで温まりにくいからです。

7時間という時間は一つの目安で、そもそも日本人が6時間未満の睡眠しかとれてないということから来ています。
(世界の睡眠時間は7~8時間
日本は6時間未満の睡眠が40%で、圧倒的に時間が足りていません)。

繰り返しますと、

風呂に入る → 湯船に15分つかる → 風呂から上がる → 90分後に布団に入る → 7時間は寝る

これだけです。道具も何もいりません。
また、今回参考にした『スタンフォード式最高の睡眠』には
『黄金の90分をつかむこと』、『レム睡眠、ノンレム睡眠』『睡眠は朝から始める』、
『睡眠不足による、睡眠負債がやってくる』
など、
もっと詳しい内容が載っていますので、興味を持った方は是非参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は感染症の歴史から、

  • ワクチンや特効薬など、未だ出来てないものもある
  • 『では、どうすれば良いのか』という対策法として
    『人類の最大の武器である免疫』を上げるための『睡眠方法』について紹介しました。

『こんなのできないよ!』
『15分も湯船に浸かるの?』
『上がった後も90分後に寝なきゃいけないのかよ』
などなど色々思ったかもしれませんが、騙されたと思って一度やってみてください。

逆に湯船に15分つかるだけで
『最高の免疫とパフォーマンスが得られる』というなら、やらない手はないです。

私の場合は、夜型から朝方に変わりましたし、
湯船に15分つかっている間は暇なので、『Kindle Paper White』で本を読んでいます。
あがった後の90分は、頭を使わないようにぼーっとしながらスマホを触り、
寝る30分前になったら、布団に入るようにしています。

話は脱線してしまいますが、Kindle Paler Whiteはかなりアリです。
本を買わなくて済むし、防水ですし。

>> Kindle Paper White 32GB(防水搭載)

以上になります。
みなさん、免疫を上げてぜひ一緒にコロナを乗り切りましょう。

参考文献

参考書籍:スタンフォード式 最高の睡眠

こちらもおススメです!

・【最高の睡眠①】免疫力を高める睡眠は新型コロナウイルス感染の防御策


・【世界を変えた感染症の歴史①】〜想像を絶する人類の戦い〜