【茶道】袱紗の捌きと清め方

手順(茶道) 茶道

袱紗による捌き方と清め方について紹介しています

スポンサードサーチ

袱紗の捌き方

捌き方コツ

 ・袱紗を膝に近いところで▽に広げる
 ・左手は動かさず、てこのようにした状態にする
 ・右手で袱紗をつまんだ状態で、を左手の真上に持ってくる
  (右ひじは肩から水が流れるような形だと良い)
 ・左手を袱紗の上部に持っていく
 ・左手を下に動かしつつ、袱紗を握って折っていく。
 ★右手側の袱紗を右側に折り畳み、形を整える
  (上下の袱紗の端が合うようにするとかっこいいが、これは別に強制ではないらしい)

★以下棗や茶器なら

 ・右手を鼻をつまむ指にして、畳んだ袱紗に対し、一の字を書くつもりで人差し指を動かす。
 ・右手で袱紗の端をつかみ、左手を揃えて袱紗の左側を押し込む
 ・織り込んだ状態の袱紗を右手でつかむようにして持つ
 ・それぞれの茶器の清め方へ、、、)

★以下茶杓なら

 ・茶杓を真ん中に乗せる
 ・茶杓の清め方へ

清め方

●基本
 握るときは、人差し指- 袱紗 – 親指が来るように持つとずれない(らしい)

●茶杓の清め方
畳んだ袱紗を左手に乗せた状態で、真ん中に茶杓を置く。
左手で握り、親指が上に来るようにして、以下のように袱紗を動かす。
 ①節(上)→先(上)
 ②節(左)→先(上)
 ③節(上)→先(上)
移動させながら親指を遷移させるようにする。
お仕舞の時は、②までやる。

●中棗の清め方
 持ち方は半月持ち(右の人差しと親指で上からつかむ。人差し指はピンと伸ばし、棗の蓋のところが半月になるようにする)
(いつか書きます)

●平棗の清め方
 左手で親指を上にして持つ?
(いつか書きます)

●茶入れ
 ・二引きで清める(茶器によっても変わるかも)
 ・胴拭きする(3周、2周)
 (いつかちゃんと書きます)

畳み方?

(いつか書きます)